11月2014

■乾燥肌を防ぐ内面美容

こんにちは~大阪ピュアエステ・エルムの中川です(^^)

秋も本格的になり

乾燥が気になるといって 久しぶりにご来店いただく方も増えてきています!

もちろん、エルムを駆け込み寺に思っていただくことはとってもありがたいです♪

ですが、お肌は【内臓の鏡】なので 

いま一度~普段の食生活も見直してみてくださいね(^^)

  

ビタミン ミネラルなどの栄養不足や、血行不良の結果が 

乾燥・・・そして、くすみやしわ・たるみなどお肌の老化につながってしまいます。

内側からキレイに 艶肌になりましょう~\(^o^)/

【乾燥肌の原因①】 

通常肌細胞はターンオーバー(皮膚の新陳代謝)の28日間で新しい細胞へと入れ替わります。

私たちの体はタンパク質によってできていますが、このタンパク質が不足すると、

ターンオーバーが活発に行われず、肌が荒れ、乾燥肌になってしまいます。

《お肌の主成分のタンパク質を含む食材》 

魚(さば・イワシなど)肉、卵、大豆製品(納豆・豆腐)など

積極的に取るようにしたいですね!

(私、お肉はたまにしか食べませんが 食べるときはがっつり食べてます!)

大好きな納豆には ポリグルタミン酸とゆう保湿成分があり、化粧品にも使われているそうです。

毎日食べたいです♪

そして、タンパク質である お肌のコラーゲンの生成には

「ビタミンC」が必要なのでビタミンCも積極的に摂ってくださいね。

(ビタミンCは体内で作れないので 摂取しないと不足します)

ブロッコリー/赤・黄ピーマン/水菜/柿/キウイ//パイナップル/みかん/イチゴ

特にタバコを吸われている方~‼ビタミンCは 体の中で生成されない上に

タバコでどんどん壊されます。

お肌たるみやすくなりますので~積極的にビタミンC豊富な野菜・果物など食べてくださいね!

【乾燥肌の原因②】

気温が下がってくると、お肌の代謝が悪くなり、皮脂の分泌が少なくなります。

内側から皮脂やお肌のはりに必要な栄養を補う必要があります。

皮脂腺や汗腺の働きを助ける食材としてビタミンA

ビタミンA皮脂腺や汗腺の働きを助け、お肌にうるおいをもたらします。

モロヘイヤ/うなぎ/レバー

チノールに変換されるカロテンを多く含む食品

シソの葉/モロヘイヤ/ニンジン/パセリ/バジル/春菊/ほうれん草

(見事にスムージーで使用する食材ですね~(^^))

【乾燥肌の原因③】

気温の低下に伴い体が冷えて血行不良に。

血行を良くしお肌に潤いをあたえ若返りのビタミンと言われているビタミンE

寒くて収縮した末梢の血管を広げ、血行をよくする効果があります。

アボカド/うなぎ/ゴマ/アーモンド ナッツ類/キングサーモン/魚の卵類

【必須脂肪酸】とよばれるオメガ3のカラダでは生成できない油分が、お肌の細胞膜を守り

細胞を元気にしてくれます。

亜麻仁油・えごま油(シソ科の植物)など

上手に取り入れてみてください!

 

私は野菜サラダに 市販のドレッシングは使わず

亜麻仁油と岩塩とブラックペッパーをかけて食べています。

ぜひ試してみてくださいね♪

~無料メール相談受付中~

お肌やダイエットについてなど気になることや 悩みなど

メールでのご質問を受付しています(^^)

なんでも聞いてくださいね!

メール相談はこちら

 

 

✱古くなった老化角質を除去して新しい肌へ生まれ変わるケアはこちらをご覧ください

 

✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤

ピュアエステ・エルム

酵素フード協会 北堀江校

06-6538-7111

大阪市西区北堀江1-14-23  グランドシーズ心斎橋602号

【アメーバブログはこちら

✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤